はじめてのシステム手帳の選び方

スケジュール管理やTODO管理、セルフマネジメントなどで手帳を使っている方も居るかと思います。

私も綴じ手帳とシステム手帳を使用して数年経ちますが、はじめてシステム手帳を買うときにどんなものを選べばいいか迷いました。

はじめてシステム手帳を買うとき、私は色々な人の選んだ理由が知りたいと思っていました。

今回はくろみつがシステム手帳を買ったときの選択基準などを紹介します。

目次
ースポンサーリンクー

はじめてシステム手帳を買うにあたってどれを買えばいいか

この記事を見にきた人は、システム手帳に憧れていたり、ちょっと気になるなぁといった感情を持つシステム手帳初心者の方だと思います。

システム手帳を買いたいけど、どれを買えばいいのかわからない。もしくは、気になるor欲しい手帳がいくつもあってどれを選べばいいか迷っている。

そういった理由から選び方を探してきた方がほとんどでしょう。

はじめてシステム手帳を買うにあたってどれを買えばいいか。

それは「自分が気に入った手帳を買えばいい!」です。

使用用途、使用者の好みに寄ってしまうので、そうとしか言いようがないのですが、それでは結局どれを買えばいいか分からないと思いますので、システム手帳を選ぶときの要素を紹介していこうと思います。

システム手帳のサイズ

まずはシステム手帳のサイズについて、説明しましょう。
システム手帳は大体5つのサイズがあります。

・Micro5
・Mini6
・聖書(バイブル)サイズ
・HB×WA5
・A5

Micro5が現在1番小さく、A5が1番大きいサイズになります。

Micro5はポケットサイズとも言われており、その名の通りポケットに入る大きさになります。

どのサイズを選ぶかは、使う目的や持ち運びなどによって変わってきます。

ポケットや小さめの鞄に入れて持ち運びたいのであれば、小さめのサイズを選んだほうが良いですし、持ち運びはせずたくさん書き込みがしたいというのであれば、大きめのサイズを選ぶのが良いでしょう。

システム手帳のリング径

リング径というのは、システム手帳につきもののリングの大きさのことをいいます。

このリング径が小さければ手帳の厚みは薄くなりますし、リング径が大きければ手帳の厚みが厚くなります。

挟めるリフィル(中の紙)の枚数もかなり変わってきます。

ポケットに入れて持ち運びたいからとMicro5を選んだのにリング径が大きくてポケットに入らなかったということもありうるので、リング径についても、使う目的や持ち運びなどによって変わってくるのでチェックするポイントになります。

システム手帳の選び方

手帳自体のサイズやリング経のことは分かったけど、それでどのシステム手帳を選べば良いか。

想定される使用用途別に挙げていきたいと思います。

手軽に持ち運びたい・簡単なスケジュール確認やメモに使用したい

手軽に持ち運びたい、簡単なスケジュール管理やちょっとしたメモを取るくらいの使用方法を想定しているのであれば、Micro5やmini6がいいでしょう。

Micro5やmini6をお財布代わりに使用するということもできますので、外出の際にたくさんの荷物を持ちたくないという人にもオススメです。

はっきり用途は決まっていない・スケジュール管理などオーソドックスに使用したい

特にこれといった用途は決まっていないけどシステム手帳を持ってみたい、お仕事のスケジュール管理などでそこそこ書き込みをする運用を想定しているのであれば、聖書(バイブル)サイズがいいでしょう。

聖書(バイブル)サイズはリフィルの種類が1番多く、取り回しがしやすいサイズになります。
特に用途が決まっていないのであれば聖書(バイブル)サイズがオススメです。

持ち運びはしない・スケジュールだけでなくメモもたくさんする使用をしたい

たくさん書けるスペースがある反面、デメリットとして「かさばる」「重い」という点があります

特に外に持ち運ばない、スケジュール管理以外にもたくさんメモを書くことを想定しているのであれば、HB×WA5サイズやA5サイズがオススメです。

重さを気にしない人や常日頃から大きな鞄で移動している人であれば、このサイズでも持ち運んで運用することに問題ないと思います。

オタ活に使用したい

オタ活の場合も、どんな使い方をするかで買うサイズは変わってくるかと思います。

推しのアイテムを忍ばせてモチベを上げたい、ソシャゲのピックアップやイベント期間を確認するためのスケジュールを管理したいというのであれば、Micro5、mini6、聖書(バイブル)サイズあたりをオススメします。

Micro5やmini6でもトレカを入れるくらいなら十分な大きさです。

もっと大きなポストカードなどを収納したいのであればHB×WA5サイズかA5サイズがいいでしょう。

推しのクリアケースのようなものもリフィルとして使いたいのであれば、サイズ的にA5一択になるかと思います。

創作するタイプのオタクの場合は聖書(バイブル)サイズ〜A5サイズがオススメです。

創作するものにもよりますが、創りたいもののメモなどとするなら紙面が広い方が使いやすいと思います。

ちなみに動画作成と同人小説書きをしている筆者は、HB×WA5サイズを使用しています。

最終的に決めるのは自分

色々と書きましたが、最終的にどれを買うかを決めるのはアナタです。

使用用途に合うもの、推しの色だから、手触りが好みだから、そういった総合的なものを考慮したうえで、はじめての相棒を選んでください。

ちょっとでも「なにかしっくりこない」と思ったら、買うのをいったん待って自分が本当に気にいるものを探した方がいいです。

しっくりこないものを無理矢理買ったところで、しっくりこないまま使い続けるという人はそうそういないでしょう。

せっかく買ったのに使わないのは勿体無いですし、次のシステム手帳を買うことをアナタも躊躇ってしまうかもしれません。

ポケモンの最初の相棒を決めるようにじっくり、しっかり悩んで、ずっと傍に置いておくに相応しいあなたのシステム手帳を選んであげてください。

ースポンサーリンクー
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる