【偽実況動画】ゆっくり実況動画の作り方(YMM導入編)

偽実況動画はいいぞ!

推しがわちゃわちゃ自分の好きなゲームをしているのを見るのが楽しい。

ホラーゲームをつよつよでプレイするのを見るのも、ビビりながらプレイするのを見るのも、泣きゲーでべっしょべしょに泣きながらプレイするのを見るのも楽しい。

どうせなら、自分も作ってみたい!!

創作するオタクなら一度は思ったことがあるかと思います。

え、動画作成なんてやったことがないから難しい?

  • 偽実況動画(ゆっくり実況動画)を作ってみたい
  • 偽実況動画(ゆっくり実況動画)を作りたいけど作り方がわからない

そんな人でもご安心を!

2016年5月から二次創作として実況動画を作り始め、2021年8月時点で76本の動画をニコニコ動画に投稿している私が、イチから偽実況動画(ゆっくり実況動画)の作り方を解説しちゃいます!

目次
ースポンサーリンクー

偽実況動画とゆっくり実況動画の違い

動画作成の解説に入る前に、「偽実況動画」と「ゆっくり実況動画」の違いについて、簡単に説明します。

ゆっくり実況動画とは

ゆっくり実況とは、音声合成ソフトを使用したゲーム実況や車載などの動画のことです。

主に「棒読みちゃん」「SofTalk」などのAquesTalkを利用した音声合成ソフトを使うゲーム実況や車載などの動画のことを指します。

AquesTalkの他にも、VOCALOID、VOICEROID、UTAU、CeVIOなどの音声ソフトを使用して同様の手法で動画を作成するパターンもあり、こちらは「VOCALOID実況」や「CeVIO実況」と呼ばれていたりします。

偽実況動画とは

偽実況動画とは、Softalkなどの読み上げソフト(ゆっくり音声)を使って、アニメやゲームなどのキャラクターがゲームを実況しているように見せた動画のことです。

ゆっくり実況動画のうちの一つであり、「アニメやゲームなどのキャラクターがゲームを実況している」という前提のもと作成される二次創作物が「偽実況動画」となります。

つまり、「ゆっくり実況動画」の中でも、アニメやゲームのキャラクターが実況者となっている二次創作な動画のことを「偽実況動画」と呼んでいるわけです。

偽実況動画を作るうえでの注意事項

偽実況動画を作るにあたり、ひとつ注意してほしいことがあります。

それは、作りたいジャンルが二次創作をOKしているかどうかです!

二次創作を全般OKにしてくれていたり、ガイドラインに抵触しない範囲であればOKとしてくれていたり、はたまた二次創作全般NGとしていたりと、ジャンルによってはバラバラです。

そのため、自分がやりたいジャンルが二次創作OKかを前もってガイドラインで確認しておきましょう。

偽実況動画(ゆっくり実況動画)を作成するためのツールについて

実況動画を作成するうえで、必要となるのが動画編集ソフトです。

・ゆっくりMovieMaker
・AviUtl

色々な動画編集ソフトがありますが、「偽実況動画(ゆっくり実況動画)」を作るのであれば、この2つで十分です。

というより、「ゆっくりMovieMaker」さえあれば、偽実況動画(ゆっくり実況動画)は『簡単に』『すぐに』作れます。

ゆっくりMovieMaker(YMM)ってなに?

「ゆっくりMovieMaker」は、饅頭遣いさんが作成、提供してくださっている、「ゆっくり実況プレイ動画」用の動画編集支援ソフトです。

他のソフトを駆使しても「ゆっくり実況プレイ動画」を作成することは可能ですが、簡単に動画作成ができるのが「ゆっくりMovieMaker」の魅力です。

「ゆっくりMovieMaker」だけで、簡単な「ゆっくり実況プレイ動画」が作成できちゃいます!

ゆっくりMovieMakerのバージョンについて

現在、配布されている「ゆっくりMovieMaker」には2種類あります。

それが「ゆっくりMovieMaker3(以下、YMM3)」と「ゆっくりMovieMaker4β(以下、YMM4β)」です。

・ゆっくりMovieMaker3
・ゆっくりMovieMaker4β

ゆっくりMovieMaker3

「ゆっくりMovieMaker3」は、「ゆっくり実況プレイ動画」用の動画編集支援ソフトとして配布されています。

セリフ追加のほか、簡単な編集機能を搭載しており、簡単に「ゆっくり実況プレイ動画」を作成することができます。

<YMM3動作環境>
  • Windows XP 以上
  • .NET Framework 4 以上
  • DirectX9.0c 以上
  • PixelShader2.0 / 3.0

ゆっくりMovieMaker3は、これ単体では編集した動画を投稿できるで保存できません。

ゆっくりMovieMaker3を使う場合は、AviUtlで投稿できる形として出力する必要がでてきます。

ゆっくりMovieMaker4β

ゆっくりMovieMaker4は、YMM3の後続バージョンとして作成されており、現在ベータ版が配布されています。

ゆっくりMovieMaker3と比べて、動画出力機能、倍速プレビュー、テンプレート機能等、多くの新機能を実装しているほか、プレビューの正確性・安定性が向上されています。

<YMM4β動作環境>
  • Windows10 64bit
  • .NET Framework 4.7.2
  • DirectX 11 / Shader Model 5.0 対応GPU(※ DirectX10世代のGPUでは一部のエフェクトが機能しません)

ゆっくりMovieMaker4βは現在開発中のβ版ではありますが、十分に編集ソフトとして使用できます。

また、ゆっくりMovieMaker3と違って、動画出力機能が実装されており、AviUtlを経由しなくても投稿できる形で保存することができます。

YMM3とYMM4βのどちらを使えばいいか

断然、ゆっくりMovieMaker4βを使うのがよいです。

理由は、ずばりYMM4βがYMM3の後続バージョンで機能が向上しているから!

YMM4βは、動作環境がWindows10版のみとなっていますが、2021年現在、WindowsOSを使用している人は、よっぽどのことがないかぎりWindows10を使っているかと思いますので、YMM4βで問題ないと思います。

YMM4β画作成をしていく

ここからは、YMM4βを使っての動画作成を解説していきます!

YMM3を使用したい人も基本的な使い方はほぼ同じですので、安心してください。

YMM4βの導入方法について

  1. YMM4βのダウンロード
  2. YMM4βのインストール
  3. YMM4βの環境設定

YMM4βのダウンロード

YMM4βをダウンロードします。

まずは、饅頭遣いのおもちゃ箱さんのYMM4β配布ページにいきましょう。

検索するときは検索窓に「ゆっくりMovieMaker」または「ゆっくりムービーメーカー」と入力すると、以下のような検索結果が表示されます。

検索結果の画面

2番目に表示されている「ゆっくりMovieMaker4β | 饅頭遣いのおもちゃ箱」をクリックします。

すると、以下のゆっくりMovieMaker4βの配布ページに飛びます。

YMM4βの配布ページ

このページをぐぐっと下にスクロールするとダウンロードボタンがあるので、

ダウンロードのボタン

この「ゆっくりMovie Maker4をダウンロード」と書かれているボタンをクリックします。

これで、「YukkuriMovieMaker4.zip」がダウンロードできます。

ダウンロードしたZIPファイルは、任意のフォルダ(動画作成用のフォルダ)内に「すべて展開」で解凍しておきましょう。

これでYMM4βの導入は完了です。

YMM4βの設定について

フォルダを解凍したら、フォルダの中にある「YukkuriMovieMaker.exe」を起動します。

ZIP解凍後

起動時に次のウィンドウが表示される場合があります。

このウィンドウが表示されたら、「実行」ボタンをクリックします。
※「実行」ボタンが表示されていないときは、「詳細情報」をクリックすると表示されます。

初回ダウンロード

「実行」ボタンをクリックしたら、YMM4βの初回ダウンロード画面が表示されるので、「ダウンロード」ボタンをぽちっとクリックしましょう。

YMMについて

初回ダウンロードが完了すると「ゆっくりMovieMakerについて」のウィンドウが表示されるので、「閉じる」をクリックして画面を閉じます。

YMM4β起動後

YMM4βが起動して、編集画面が表示されます。

おつかれさまです!これでゆっくりMovieMaker4の導入は完了です!

次回は実際に動画の編集の仕方をお伝えします!

ースポンサーリンクー
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる